Event

ライオン社「NOIL」発「日常の不」からの新規事業の作り方

新規事業開発

こんな方におすすめ

  • 新規事業開発プログラムを運営する事務局担当の方
  • 新規事業創出に向けた支援業務に取り組んでいる方
  • 新規事業創出に当事者として取り組んでいる方
  • ※新規事業の推進者/支援者の両者にオススメの企画です!

Event Information

「新規事業にチャレンジしたいものの、最初のアイデアが思いつかない・・・」

「身の回りの課題は思いつくけど、どうやってビジネスアイデアに仕立てていけばよいのか・・・」

このようなお悩みを持つ方々向けに、「“日常の不” を起点とした新規事業の作り方」をテーマにしたセミナーイベントをお送りします。


ライオン社の新価値創造プログラム「NOIL」の1期生として事業化採択されて、夕飯テイクアウトサービス「ご近所シェフトモ」事業の立ち上げのチャレンジの真っ最中である廣岡 氏をゲストにお招きして、ご自身の新規事業立ち上げについて、赤裸々に語っていただきます。

もともとの事業の着想であった「日常の不」から、どのように事業化を進めていったのか?
ここでしか聞けない事業開発の裏側を徹底解剖していきます。

開催日 2021年10月11日(月)19時00分~20時00分
会場・アクセス 会場での開催はございません。
お申込みいただいた方にオンライン配信視聴用のURLをお送りいたします。
タイムテーブル 19:00~19:05
オープニング

19:05〜19:15
【講演】「ご近所シェフトモ」事業について
廣岡 茜 氏(ライオン株式会社 ビジネス開発センター ビジネスインキュベーション)

19:15〜19:45
パネルディスカッション
モデレーター:古川 央士 (株式会社アルファドライブ 執行役員)
パネラー:廣岡 茜 氏(ライオン株式会社 ビジネス開発センター ビジネスインキュベーション)

19:45〜19:55
質疑応答

19:55~20:00
クロージング

廣岡 茜

ライオン株式会社 ビジネス開発センター ビジネスインキュベーション

廣岡 茜

2006年ライオン株式会社入社。営業を2年経験後、マーケティング部門の配属となりNANOX等の衣料用洗剤の商品企画に11年間携わる。2019年に社内の新価値創造プログラムNOILに応募した「夕飯テイクアウトサービス・ご近所シェフトモ」が事業化テーマとして採択される。2020年1月よりビジネス開発センターに異動し事業開発し、21年2月よりサービスをローンチした。プライベートでは家事が大嫌いな1児の母でワンオペ育児中。「子育て中でも自分を大事にする社会をつくる」をVISIONに掲げ、公私混同で新規事業に夢中。

古川 央士

執行役員 / イノベーション事業部 事業部長

古川 央士

青山学院大学卒。学生時代にベンチャーを創業経営。その後、株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に新卒入社。SUUMOでUI/UX組織の立ち上げや、開発プロジェクトを指揮。その後ヘッドクオーターで新規事業開発室のGMとして、複数の新規事業プロジェクトを統括。パラレルキャリアとして、2013年より株式会社ノックダイスを創業。飲食店やコミュニティスペースを複数店舗運営。一般社団法人の理事などを兼任。社内新規事業や社外での起業・経営経験を元に、2018年11月、株式会社アルファドライブ執行役員に就任。リクルート時代に1,000件以上の新規事業プランに関わり、10件以上の新規事業プロジェクトの統括・育成を実施。アルファドライブ参画後も数十社の大企業の新規事業創出シーン、数千件の新規事業プランに関わる。

お申し込みフォーム

ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

お申し込みフォームへ
申し込み