Event

【組織活性化の新手法】組織の見える化で改善される従業員エンゲージメント

組織活性化

こんな方におすすめ

  • 企業文化/組織風土の改革にミッションを持たれている方
  • 従業員エンゲージメント計測後の打ち手に悩まれる方
  • インナーブランディングの施策について悩まれる方

Event Information

【当イベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。】

『【組織活性化の新手法】組織の見える化で改善される従業員エンゲージメント』をテーマにしたセミナーを開催いたします。

近年、企業向けテクノロジーの進化による競争ルールの変化、転職の一般化、採用の過当競争など、経営企画・人事関連部署が直面する課題はより増える一方です。

採用が難しくなる時代だからこそ、今いる人材を引き上げることや組織を変化に耐えられるものにすることが求められています。そして、競争環境の変化に合わせ、柔軟に組織のあり方を変化させていける企業文化が重要となります。

その中で、定量的に従業員が企業に対する信頼や愛着を示す、従業員エンゲージメントが大きな注目を浴びています。従業員エンゲージメント計測のテクノロジーは急増し、現在はその後いかにして、エンゲージメントを高めていくか企業は打ち手を考え巡らせています。

当セミナーでは、従業員エンゲージメント向上という課題に対し、一過性の取り組みではなく、継続的に改善させる手法を事例を交え、ご紹介します。

Lineup

麻生 要一

株式会社アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO / 株式会社ニューズピックス 執行役員(NewsPicks for Business 管掌)

麻生 要一

東京大学経済学部卒業。株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社を立ち上げ、経営者としてゼロから150人規模まで事業を拡大後、ヘッドクオーターにおけるインキュベーション部門を統括。社内事業開発プログラム「Recruit Ventures」及び、スタートアップ企業支援プログラム「TECH LAB PAAK」を立ち上げ、新規事業統括エグゼクティブとして約1500の社内プロジェクト及び約300社のベンチャー企業・スタートアップ企業のインキュベーションを支援した経験を経て、自らフルリスクを取る起業家へと転身。同時多発的に創業。2018年2月に企業内インキュベーションプラットフォームを手がける株式会社アルファドライブを創業し、2019年11月にユーザベースグループ入り(発行済全株式を売却)。2018年4月に医療レベルのゲノム・DNA解析の提供を行う株式会社ゲノムクリニックを共同創業。2018年6月より「UB VENTURES」ベンチャー・パートナーへ就任しベンチャーキャピタリスト業を開始。2018年9月に株式会社ニューズピックスにて非常勤執行役員に就任し、企業内起業家としてNewsPicks for Businessの事業開発を管掌。著書に『新規事業の実践論(NewsPicks Publishing)』。

お申し込みフォーム

ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。